• スケールモデル製作の心臓部【金型製造】生産管理 in中国 2017年11月9日

    少し前になりますが当社中国工場へ生産管理に行った時の紹介です。

    今回は工場の金型部門

    金型部2

    鋼鉄に形状を彫り込む放電加工機

    金型部1

    銅製のマスターと同じ形状に放電しながら彫り込みます。

    放電機1

    放電マスタ(銅製)は形状ごとに作成しますので、一つの金型に多くのマスタが必要です。

    放電マスター

    形状が複雑になると金型も複雑になります。この金型は製品を金型から押し出すピンが多くあります。

    金型1

    お客様が製品の検査・工場の視察に訪問されました。

    訪問者

    現在進行中の新製品のダイキャストパーツ。発売までもう少し時間が掛かります。

    新製品

  • 新製品販売のお知らせ【数量限定】 2017年11月9日新製品の発売のお知らせ
    アタッチメント クラッシャー(大割機)の販売を開始します。 【数量限定】ATT-3 web用 お買い求めは 当販売サイト http://www.replica-model.com/  まで。
  • 生産管理 2017年3月26日生産管理 2017年3月 : 生産管理・新規製作の打合せで中国工場へ1週間ほど。 香港から中国深圳への入り口(イミグレ)。 ここから工場のある東莞まで電車で1時間ほど IMG_2523 初日ホテルチェックイン後、すぐに24時間稼動の印刷工場で箱印刷の確認。 色調整をし本番の印刷開始。印刷が始まると‟あっという間”に刷り終わり。 今回は4色印刷なので色調整にそれほど時間が掛かりませんが、それでも終わったのが夜11時過ぎ。 4色以外の特色印刷だと、色調整・確認に時間が掛かります。 印刷後に透明のコートを掛けてプレス機で箱型に抜き、出来上がり。 IMG_2516 後日、工場の塗装・組立工程・品質管理、新規製作の金型図面(3D)の確認等、忙しい日程でした。 特に金型図面のチェックは重要で時間が掛かります。 IMG_2520   IMG_2518 毎日遅い時間の夕食となりましたが工場の社長と日本食居酒屋にて雑談等でリフレッシュ。 IMG_2517